3月25日 いきいきコンサート「和魂楽匠」

2014年2月19日

20140325kazuhiro-fukuiありがとうございました!お蔭様をもちまして本日早くもSOLD OUTとなりました。4月は、「松本隆博 ~家族の絆 vol.3~」をおおくりします。(チケットの発売開始:3月25日(火))

—————————————————–
3月のいきいきコンサートは、久しぶりにカスケードへ戻って来てくれた津軽三味線の福居一大さんが、仲間を連れて登場です!2月中旬から西アフリカツアーでモロッコ、セネガル、ガボンと周っているそうで凱旋コンサートとなる今回の”いきコン”では、ツアーの楽しいお話も聞けそうです。

「和魂楽匠(わこんがくしょう)」
その名に日本古来の精神を受け継ぐ、若き匠達のスピリットを感じずにはいられません。
ダイナミックな津軽三味線 福居一大、郷愁をそそる繊細な音色の尺八 小湊昭尚、圧倒的なパワーの和太鼓 金刺凌大、優雅で華やかな 民謡舞踊家の松浦奏貴。四人の若き楽匠たちが繰り広げる和の世界。どうぞお楽しみください。

◎ご入場にはチケットが必要です。チケットは2月25日(火)から当館1Fの総合案内にて販売いたします。

日 時 2014年3月25日(火) 開演:19:00
(開場:18:30/終演:20:30)
場 所 いきいきプラザ一番町 B1Fカスケードホール
定 員 198名
出演者

福居一大(ふくいかずひろ、津軽三味線)

10歳より津軽三味線を福居流家元「福居典大」氏に師事。異例の若干17歳で福居流師範「福居一大」を襲名、名取。22歳の時、第三回(財)日本民謡協会主催津軽三味線全国大会の三代目のチャンピオンとなる。「愛・地球博」、「上海万博」等といった歴史的イベントに出演。国際的な活躍も目覚ましい。メディアでは、CMや番組の挿入歌などでその音色を耳にすることができる。ロック、ジャズなど異ジャンルの音楽手法も積極的に取り入れ、伝統的な日本の民謡だけに留まらない福居一大独自の奏法で観客を魅了し続けている。

小湊昭尚 (こみなとあきひさ、尺八)

民謡家・小湊法笙、民謡歌手・小湊美鶴の長男として福島県に生まれる。5歳より両親の手ほどきを受け、民謡の唄い手として舞台活動を開始。1985年日本郷土民謡協会「少年少女民謡大会」に出場、最優秀賞を受賞。幅広い音楽感から奏でられる演奏に老若男女とわずファンは多い。伝統邦楽に加え民謡・ポップスでも活躍し、国内のみならず海外公演の経験も豊富なアーチスト。

金刺凌大 (かなざしりょうた、和太鼓)

10歳より和太鼓をはじめる。三兄弟による和太鼓ユニット「は・や・と」を結成、その次男。「は・や・と」として日本国内での講演活動はもとより、大洋州やアフリカ諸国などで数々の海外公演「国際交流基金主催事業」を行う。日本で行われたメジャーリーグ開幕戦のオープニングセレモニーでの演奏、ゆず・夏のコンサートツアー」のライブ音源の提供、TV東京系列「はっけんたいけん だいすき!しまじろう」にも出演するなどその多岐に渡る活動は多くのメディアに取り上げられている。和洋問わず様々なジャンルの音楽やパフォーマンスとのコラボレーションも果敢に行い、和太鼓の可能性を体現できる表現者として舞台に立ち続けている。

松浦奏貴 (まつうらそうき、舞踊)

民謡舞踊界のトップ「子スズメ民踊楽園」「子スズメ会」創始者故松浦森勝(師)を祖父、現会主の松浦紗代子は伯母、その妹のそよ子(師)が母という根っからの芸一家に生まれる。1歳で初舞台、13歳でフランス・パリ市長より召喚出演、14歳でNHK 初出演と数々の舞台を踏み、民謡舞踊大会において15歳初優勝をきっかけに、内閣総理大臣賞、参議院議長賞、文部科学大臣賞を2回づつ受賞。
北は北海道から南は沖縄、全国各地の民謡舞踊を踊り、テレビ、ラジオ、全国の舞台で活躍する、舞踊界期待の若手舞踊家。

入場料

500円(SOLD OUT

■前売り券は、館の総合案内でのみ販売しております。

■お一人4枚を限度としての販売とさせていただきます。      幅広く・多くの方々にお楽しみいただけるよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

主 催 社会福祉法人 東京栄和会
企画・制作 株式会社フィレール
お問合せ
チケット販売
いきいきプラザ一番町 総合案内 03-3265-6311