11月番町寄席「夏丸×雷太二人会~噺のあとは…~」

2014年10月1日

11月番町寄席11月の番町寄席は、お馴染みの春雨や雷太さんと桂夏丸さんをお迎えして「夏丸×雷太二人会~噺のあとは…~」をおおくりします。

雷太さんと言えば、落語だけではなく、大師匠の八代目雷門助六さんが得意とした寄席の踊りや音曲にも力を入れているそうです。

今年の夏には「かっぽれ」を披露してくださいました。 また、今回初登場の夏丸さんは落語の稽古よりカラオケをしている時間の方が長い(デマのようですが・・・^^)と噂される程の昭和歌謡通。

この二人だからお届けできる「落語と踊り、そして昭和歌謡ショー」という何とも楽しそうな企画です。是非お見逃しなく!!

 

いきいきプラザ一番町が奇数月におおくりしている「番町寄席」は、どなたでもご参加いただける気軽な演芸会です。 一週間分の疲れを”笑い”で癒してください。

日 時 2014年11月7日(金) 開演:13:30 (開場:13:00)
場 所 いきいきプラザ一番町 B1Fカスケードホール
定 員 198名
出 演

桂夏丸 (かつら なつまる)

小学生のころから落語と俳句に熱中。平成15年、高校卒業と同時に桂幸丸に正式入門、桂夏丸の名で前座。平成19年、二つ目昇進。平成25年、北とぴあ若手落語家競演会 奨励賞受賞。趣味の昭和歌謡・演歌を活かした”落語&昭和歌謡ショー”が大好評!

春雨や雷太(はるさめや らいた)

古典落語を中心に、初心者向けの噺から通好みの噺まで持ちネタの数は百席以上。また、大師匠である八代目 雷門助六が得意とした「かっぽれ」「奴さん」など寄席の踊りや音曲にも力を入れている。平成22年に二つ目に昇進。TVなどでも活躍中!今、勢いのある若手落語家。

雷門音助(かみなりもん おとすけ) 大学を卒業後、信用金庫勤務を経て、平成23年、雷門助六師匠に入門。

入場料 無料 (当日、B1Fカスケードホールへ直接お越しください)
主 催 社会福祉法人 東京栄和会
企画・制作 株式会社フィレール
お問合せ いきいきプラザ一番町 総合案内 03-3265-6311