【レポート】6月の”いきコン” BorderCowboy

2015年7月1日

今年も沢山のご来場者を迎えして開催したBORDER COWBOYのコンサート。

20150630BorderC02 冒頭のご挨拶を嬉しいことに毎年書かせていただいています。今年は開場1時間前に既にロビーが熱気でムンムン^^ 蒸し暑いロビー、然も長蛇の列にも関わらず、笑顔でお待ちいただいたご来場者様に改めて感謝申し上げます。

 今回の「カントリー アンド ウエスタン」は如何でしたか?カントリーミュージックには、何とも郷愁をそそる温かさと素朴な味わいがあります。ヴォーカル北農さんの風貌(笑)と甘い声がピッタリではありませんか?

 これは6年前の調査だそうですが、アメリカ合衆国の通勤時間帯に最も聞かれていた音楽がカントリーミュージックだそうです。シンプルで大衆に愛される音楽。仕事前には”元気”を!仕事に疲れた家路には”労りと慰め”を!カントリーミュージックは、アメリカ人の生活と共にある音楽のようです。

20150630BorderC01 そして、軽快なリズムで踊り出したくなるような音楽も魅力のカントリーミュージック。
今年もフィドルの速弾きが圧巻のorange(オレンジ・ブロッサム特急)は、スチールギターとの掛け合いも楽しく会場が大いに盛り上がりました。

 

 

20150630BorderC04【アンケート抜粋】

60代男性「お客さんのダンスもあり、楽しかったです。カントリーミュージックは初めてですが、良かったです」
60代女性「次回は武道館で是非!!」←北農さん来ましたね!カスケードもお忘れなく^^
70代女性「ダンスも含め会場全員が一体となって大いに楽しむことが出来ました。感謝」
60代女性「唄よし、演奏よし、構成・選曲よし、ルックスよし、お人柄よし この企画よし 全て良かったですよ♪」
50代男性「すぐに一杯になるのでもっと頻繁に開催して欲しい」

その他、沢山の声をありがとうございました。今後の企画運営の参考にさせていただきます。

    いきいきコンサートは、毎月1回色々なジャンルの音楽をおとどけしています。 7月は、ジャズ&ポップス 加納洋さん。8月は、お馴染み 小林ちからさん。 今年の夏もジャンルが異なりますが、ピアノコンサートを続けて予定しています。

是非、こちらもお楽しみ下さい。

Border Cowboy(ボーダーカウボーイ)

ギター&ヴォーカル:ディッキー北農
フィドル:阪野克幸
バンジョー&スチールギター:中沼浩
ベース:金丸秀人
ドラム:野呂尚史
ピアノ:宇戸 俊秀

<セットリスト>

1.Jambalaya  2.A Fool Suchi As! 3.Tennessee Waltz
4.Back In The Sadele Again   5.Foggy Moon Of Kentucky
6.Blue Moon Of Kentucky   7.Green Green Grass Of Home
8.Mansion On The Hill   9.Save The Last Dance For Me
10.Last Date  11.Rocky Top  12.I Really Don’t Want To Know
13.Hello Mary Lou  14.Red River Valley  15.San Antonio Rose
16.Country Road   17.Orange   18.Amarillo By Morning
19.Your Cheatin’Heart   20.I Saw The Light
encore) Hey Good Lookin’  、You Are My Sunshine

 

最後にお願いです。

「人気のコンサートです。チケット購入はお早目に!」と書かせていただくのですが、宣伝文句に見えてしまうようで今回も当日のご来場者様を何名かお断りしました。

 毎月おおくりしている「いきいきコンサート」はクチコミ等で広がり、当日では席が残っていないことが多くなりました。特にカントリーミュージックは人気があり、早々にチケットが完売となります。今年もせっかくご来場いただいたお客様をお断りするのが、本当に申し訳なく残念でなりませんでした。

当日チケットをお持ちでない方は、ご来場前に是非、残席の確認をお願いいたします。
(いきいきプラザ一番町 総合案内:03-3265-6311)