【レポート】5月番町寄席「たこ平・歌扇二人会」

2017年5月16日

5月12日(金)、恒例の番町寄席をおとどけしました。

これで三度目の出演となる林家たこ平さんと初登場の三遊亭歌扇さんによる二人会。

ご案内役は安定の美声、青空遊歩さんです。

 写真は全てクリックで拡大表示となります。 



さて、少々緊張気味の林家たこ平さんの一席目は「出来心」 古典落語の泥棒噺でした。

つづいては、三遊亭歌扇さんで「竹の水仙」
名工・左甚五郎を主人公とした有名なお噺です。

初出演の三遊亭歌扇さんでしたが、とても滑らかで歯切れも良い印象です。テンポが良く爽やかな5月にピッタリでした。


そして、最後は林家たこ平さんで「ざるや」
1席目のご紹介で泥棒噺は観客の心を盗むという意味から縁起が良いとのことでしたが、この「ざるや」は、身をヨジル程に面白く、聞いている側に縁起が良い噺です。まぁ、テンポも良いので気持ちが上がる上がる⤴… たこ平さんに心を奪われた気がいたしました。



<出演>

林家たこ平 (はやしや たこへい)

三遊亭歌扇 (さんゆうてい かせん)

ご案内人 青空遊歩(あおぞら ゆうほ)

 

次回の「番町寄席」は、7月14日(金)を予定しています。

お楽しみに!