【レポート】加納洋 ジャズ&ポップス

2017年8月30日

8月のいきいきコンサートも大勢のみなさまにご来場いただきました。

残暑厳しい一日でしたが、足をお運びいただき本当にありがとうございました。

今回の加納洋さんは、初めてのバンドでの出演となりました。

昔全国ツアーで廻ったお仲間だそうです。

ジャジーな大人の夜を満喫していただけたのではないでしょうか。



【出演】

加納洋バンド

ピアノ&ボーカル  加納 洋
ギター       片桐 幸男
ベース       藤岡 敏則
キーボード     田口 眞
ドラムス      有泉 一 

【プログラム】

1.Autumn leaves 

2.New York New York 

3.Can you feel the love tonight

4.79th Street boat basin

5.See you at home

6.どうにかなるさ  

7.負けない頑張って  

8.Desperado

9.I Wish I Knew How It Would Feel

10.Peace wanted just to be free

11.Now is the time

12.Sick and tired

Encore

13.Blowin in the wind

14.What a wonderful world



【アンケート抜粋】

多くのご意見・ご感想・激励の言葉をいただきました。

ありがとうございました。

60代女性「毒も楽しく、メンバー個々の技術も素晴らしくサイコーの一時を過ごせました。番町に長く住んでいますが、初めてこの方のコンサートを知りました。今まで来なかったのが残念!」

60代女性「3.11の曲、ありがとうございました。私は福島県人です。負けないで頑張ります。」

60代女性「毎月のライブを楽しみにしております。今後も続けて下さい。」

50代女性「曲の構成が非常に良かった。曲と曲の間の話も面白かった。また聴きに来たいです。ありがとうございました。」

60代男性「素晴らしいライブでした。元気を貰いました。ありがとうございました。」

30代女性「ジャズのすばらしさ感じました!!」