2011.11.11 【ご報告】秋本番!落語会

三笑亭夢吉

三笑亭夢吉

 雨の中、ご来場いただきまして誠にありがとうございました。
若手落語家をお迎えしての演芸会は如何でしたでしょうか?

本日は、「秋本番!落語会」と銘打ち笑福亭和光、春風亭美由紀、三笑亭夢吉の3人に出演していただきました。
ご案内は、東京演芸協会から林家英平さんでおおくりしました。

トップバッターの笑福亭和光さんのお噺は「猫と金魚」。主人とチョット抜けたところのある番頭さんのお話でした。
続いては三味線漫談の春風亭美由紀師匠が登場。気風の良い下町のお姉さんといった印象です。
都々逸や踊りをご披露いただきました。

笑福亭和光

笑福亭和光

春風亭美由紀

春風亭美由紀

最後は、三笑亭夢吉さんの「佐々木政談」。(主人公の奉行は大岡越前守になっていましたが・・・)
子どもの「奉行ごっこ」を見た大岡越前がその裁きに感心して・・・といったところから始まるお噺です。聡明で生意気な子どもの歯に衣着せぬ物言いに大岡越前がどう反応するのか、時にはドキッとするような風刺も効いたお話でした。

落語という伝統芸は、小道具は扇子のみのシンプルなスタイルで観客の想像力を膨らませてくれるようです。
遠慮がちに微笑んでいた観客もいつしか引き込まれ、大笑いに変わっていきました。

お帰りの際、「楽しかった」と声をお掛け下さる来場者が多かったこともスタッフの喜びとなっております。
是非、これからも多くの方々に落語の魅力を気軽に楽しんでいただきたいと思います。
次回は1月13日の開催となります。
新年落語会をお楽しみに!

Follow me!