【報告】2012.01.13 新春落語会

落語 林家たこ平

落語 林家たこ平

 2012年最初のいきいき演芸会は、「新春落語会」を開催しました。 最初の高座は、二ツ目の林家たこ平さん。出囃子が「たこ踊り」と聞いていたので楽しみにしていたのですが、今回はお忘れ(音源)になったとのこと。とても残念でした。 演目は「転失気(てんしき)」。大きな声では言えませんが、医学用語で言うところの「オナラ」の事だそうです。 知らないことを知らないと云えなくて、知っているフリをする「知ったがぶり」のお噺でした。 誰しも心あたりのある噺でプップップー(!?)と笑ってしまいます・・・ネ!

 

講談 宝井 琴星

講談 宝井 琴星

次はいきいき演芸会初の講談。宝井琴星さんが登場! 先ずは講談についてのレクチャーがあり、心の準備ができたところで山内一豊の妻の献身ぶりを題材とした講談「山内一豊の妻」を披露して下さいました。妻のへそくりで名馬を購入した一豊が織田信長に褒められ出世していくお話です。笑いの中にもホロッする場面があり、講談の楽しさがよく伝わる演目だったのではないでしょうか?

 

落語 林家のん平

落語 林家のん平

そして、本日のトリは林家のん平さんの「初天神」。天満宮で行なわれる年の初めの祭りに出かけた父親と息子のお噺です。子どもが生意気なことを言うのですが、それが何とも可愛らしいお話です。

ご案内役 林家英平

ご案内役 林家英平

ご案内は、前回につづき林家英平さんでした。 3月は落語会を予定しています。是非、お楽しみに!

 

 

Follow me!