2012.4.26 「津軽vol.4」 鳴海昭仁

20120426 津軽vol.4

20120426 津軽vol.4

 Sold out  前売り券は完売しました
※当日券の販売について
 本日(4/26)18:00より整理券を配布いたします。
  (先着20名様のみとなります。ご了承の程お願い申し上げます)
  当日券との引き換えは、18:45頃を予定しております。

 4月はお待ちかねの津軽三味線がやってまいります!
「津軽」は、『白神』の主流メンバー鳴海昭仁、鈴木裕子とパーカッション第一人者の佐藤唯史で構成するインストゥルメンタル・ユニットです。今回で4度目の出演となります。

「津軽」の音楽は、篠笛・津軽三味線・ピアノ・パーカッションが幾重にも重なり融合し合い、時には雄大で重厚なサウンドを、時には思わず踊り出したくなるような軽快なサウンドを奏でます。鳴海昭仁の癒しの篠笛、佐藤唯史の熱いパーカッションも必見です!!

いきいきコンサートは皆さまに愛され、チケットが早々に完売することが多くなってしまいました。特に今回は人気のコンサートです。お早目の購入をお願い申し上げます。

日 時 2012年4月26日(木)開場:18:30 開演:19:00(終演:20:30)
場 所 いきいきプラザ一番町 B1Fカスケードホール
定 員 198名
出演者 鳴海昭仁(なるみ あきひと、津軽三味線・篠笛)

青森県青森市油川生まれ。昭和51年 津軽三味線・横笛・和太鼓等の和楽器を主流とした各地の公演を始め、昭和59年 「全日本吹奏楽コンクール全国大会」において横笛・尺八を合奏金賞受賞。青森県イメージソング「活彩あおもり」の作曲・演奏を手掛けたほか、鳴海流横笛会、龍神太鼓保存会、津軽三味線鳴海会を発足。日本郷土芸能研究保存会総合師範及び、青森県太鼓連盟理事など、様々な郷土芸能の育成、創作活動にも力を入れ、国内外で幅広く活躍中。

鈴木裕子(すずき ひろこ、ピアノ)

高校時代にジャズに巡り合い、ジャズ、フュージョンバンドに参加。
小倉や福岡を中心にライブ活動を始める。その後、ブラジル音楽に興味を持ち、単身ブラジルへ。 帰国後はソロ活動をはじめ、様々なグループのメンバーとして、多方面で活動する。アーティストサポートとしては、アルゼンチンの著名なシンガー、グラシェラスサーナを始め、すがはらやすのり、海原純子、芹洋子等のバックアップ及びアレンジャーとして活躍。一方、世界的なバイオリニスト、佐藤陽子の伴奏も務めるなど、ジャンルを問わず多方面で活躍中。最近は、津軽三味線 福居一大、Kotist 宮西希、尺八 正田麻盛等、邦楽のサポートも多く、“和”を意識した音作りも手がけている。青森の邦楽集団『白神』のメンバーとして活動、ピアノはもちろん、作曲やアレンジを担当、アルバムではサウンドプロデュースを勤めている。

佐藤唯史(さとう ただし、パーカッション)
 ペドロ&カプリシャス、和田アキ子、夏川りみ、岩崎宏美、ASKAなど、多数のアーティストのバックバンドとして活躍。近年はパーカッションだけでなくドラムや作曲家として様々なジャンルのアーティストのステージをサポート。ペドロ&カプリシャスのアルバムTreinta Anosの「MOON」と白鳥英美子のアルバム「クロスマイハート」ではタイトルソングを作曲している。世界150ヵ国で上映された「ジョン・ウー」監督作品「レッドクリフ」では和太鼓でサウンドトラックに参加。独自のパーカッションの世界を広める為に、自然をテーマにしたパーカッションとピアノのデュオAYA-brand」を結成。全国LIVEをスタート。2011年からはソロ活動も開始。

<サポートメンバー>鳴海 正仁(津軽三味線・ベース)、高野 雅嗣(津軽三味線・篠笛)

入場料 500円 Sold out 
チケットは、いきいきプラザ一番町 総合案内にて発売中です。
主 催 社会福祉法人 東京栄和会
企画・制作 株式会社フィレール
お問合せ いきいきプラザ一番町 総合案内 03-3265-6311

Follow me!