【レポート】10月の”いきコン”「70’s アメリカンロック South to west」

10月のいきいきコンサート、楽しんでいただけましたか?

恒例となりました初秋のロックコンサート、Dicky北農さん率いるSouth to Westによる懐かしい70年代のアメリカンロックをお届けしました。

今年も北農さんと金丸さんのユルッとした掛け合いで和みました。「トボケているようでとてもお洒落」それが、South To Westの魅力の一つかと思います。





プログラムは、ドゥービー・ブラザーズの2ndアルバム「トゥールーズ・ストリート」からシングルカットされた「希望の炎(原題「Jesus Is Just Alright」)」からスタート。ノリが良くて格好良い曲です。

そして、2曲目になんと!!「Hotel California」。なんというプログラムなんだ!!後はどうするの?と無用の心配をしてみましたが、最後まで魅力満載のステージでした。奥が深い70年代アメリカンロック、引き出しの多いSouth to Westです。

そして、金武さん(Dr.)の深みのある美声に魅了された方が、ジワジワ増殖中という情報を得た夜でした(笑)。



【出演者】

gt,vo.  ディッキー北農
Gt,st.  白井 英一郎
Key,vo. 宇戸 俊秀
Ba,vo.   金丸 秀人
Dr,vo.   金武 功

Hotel California



【プログラム】

1.Jesus Is Just Alright (The Doobie Brothers)

2.Hotel California   (Eagles)

3.New Kid In Town  (Eagles)

4.Take It To The Limit  (Eagles)

5.The Weight(The Band)

6.Heart Of Gold(Neil Young)

7.Have You Ever Seen The Rain  (CCR)

8.One Of These Night(Eagles)

9.Rockin’ Down The Hightway(The Doobie Brothers)

10.Teach Your Children(CSN&Y)

11.Rain Oh Rain  (Fools Gold)

12.Sister Golden Hair(America)

13.Desperado (Eagles)

14.Long Train Running (The Doobie Brothers)

15.China Grove (The Doobie Brothers) 

16.Listen To The Music (The Doobie Brothers) 

EC:Take It Easy   (Eagles)

今年も出演者から会場へ花のプレゼント



【アンケート(抜粋)】

60代男性「本日も素晴らしい時間をありがとうございました。これからもずっと続けていただきたいコンサートです」

70代女性「北農さんのウエストコーストの大ファンです。来年も必ずこの時期にお願いします」

70代女性「今回も楽しい時間を過ごさせていただきました。キンちゃん、金丸さん少しづつ特徴があり、来るごとに楽しくなります。また、よろしく!!」

70代女性「このバンドは、いつ聞いても素晴らしい。また来て欲しい」

70代女性「ダンスを一緒にするのは初めてですが、楽しそうなので、もう少しあ初を設定してあげたらよいかも」

Follow me!